【病院の紹介】置戸赤十字病院

病院長挨拶

 置戸町唯一の医療機関として、町民の皆様が安心して生活できるよう診療のみならず保健分野においても町民のニーズに応え早朝に健診を実施するなど町民の皆様がこの地で安心して暮らせる心のよりどころとなる病院を目指しています。

 また常に患者さまやご家族の方が何を望んでいるのかを考え、地域に根差した医療を提供するよう日々努力しています。

 今後とも置戸赤十字病院をよろしくお願いいたします。

置戸赤十字病院長 長谷川 岳尚

理念

◎基本理念

私たちは、赤十字の精神のもとに、みなさまがこの地域で安心して暮らせる心のこもった医療を行います。

◎基本方針

患者さまの権利

私たちは患者さまの権利を尊重いたします。

私たちの使命

◎日本赤十字社の使命

わたしたちは、
苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、
いかなる状況下でも、
人間のいのちと健康、尊厳を守ります。

◎わたしたちの基本原則

わたしたちは、世界中の赤十字が共有する7つの基本原則にしたがって行動します。

人 道:人間のいのちと健康、尊厳を守るため、苦痛の予防と軽減に努めます。
公 平:いかなる差別もせず、最も助けが必要な人を優先します。
中 立:すべての人の信頼を得て活動するため、いっさいの争いに加わりません。
独 立:国や他の援助機関の人道活動に強力しますが、赤十字としての自主性を保ちます。
奉 仕:利益を求めず、人を救うため、自発的に行動します。
単 一:国内で唯一の赤十字社として、すべての人に開かれた活動を進めます。
世界性:世界に広がる赤十字のネットワークを生かし、互いの力を合わせて行動します。

◎わたしたちの決意

わたしたちは、赤十字運動の担い手として、
人道の実現のために、
利己心と闘い、無関心に陥ることなく、
人の痛みや苦しみに目を向け、
常に想像力をもって行動します。

概要

敷地面積 7,080.27㎡
所有地 3,657.31㎡
借地 3,422.96㎡
構造規模 鉄筋コンクリート地上3階建
塔屋 1階建
延べ床面積 6,916.24㎡
許可病床 95床(療養病床:48床、一般病床:47床)
診療標榜科 内科、皮膚科(休診中)、麻酔科(休診中)
その他診療 各種健康診断、生活習慣病予防健診
機能・認定 保険医療機関、救急告示病院、生活保護法指定医療機関
労災保険指定医療機関、公害医療機関、日本糖尿病学会認定教育施設
NST稼働施設、臨床研修協力施設、臨床研修病院
公益財団法人日本医療機能評価機構病院機能評価認定病院
入院基本料に関する事項
1,入院基本料に関する事項

①当院の3階病棟は一般病棟で「障害者施設等入院基本料10対1入院基本料」の施設基準を満たしていると北海道厚生局長に届け出た病棟です。
 当病棟では1日7人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。
 なお、時間毎の配置は次のとおりです。

・朝8時20分~夕方16時55分まで看護職員1人当たりの受け持ち数は12人以下です。
・夕方16時55分~朝8時20分まで看護職員1人当たりの受け持ち数は24人以下です。

②当院の2階病棟は療養病棟で、「療養病棟入院基本料 療養病棟入院料1」の施設基準を満たしていると北海道厚生局長に届け出た病棟です。
当病棟では1日に5人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と6人以上の看護補助者が勤務しています。
 なお、時間毎の配置は次のとおりです。

・朝8時20分~夕方16時55分まで看護職員及び看護補助者1人当たりの受け持ち数は12人以下、看護補助者1人当たり受け持ちは12人以下です。
・夕方16時55分~朝8時20分まで看護職員及び看護補助者1人当たりの受け持ち数は48人以下、看護補助者1人当たり受け持ちは24人以下です。

③当院は「入院時食事療養(Ⅰ)」の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕 食については午後6時以降)、適温で提供しております。


2,北海道厚生局長への届出事項に関する事項

①基本診療料の施設基準に係る届出
(1)療養病棟入院基本料 療養病棟入院料1、注9 看護補助加算、注10 夜間看護体制加算
(2)障害者施設等入院基本料 10対1入院基本料、注13 夜間看護加算
(3)臨床研修病院入院診療加算
(4)診療録管理体制加算2
(5)特殊疾患入院施設管理加算
(6)療養環境加算
(7)療養病棟療養環境加算1
(8)医療安全対策加算2
(9)感染防止対策加算2
(10)後発医薬品使用体制加算1
(11)データ提出加算2 ロ(200床未満)
(12)認知症ケア加算3

②特掲診療科の施設基準に係る届出
(1)糖尿病合併症管理料
(2)糖尿病透析予防指導管理料
(3)院内トリアージ実施料
(4)夜間休日救急搬送医学管理料
(5)ニコチン依存症管理料
(6)薬剤管理指導料
(7)検体検査管理加算(Ⅱ)
(8)単純CT撮影(16列以上64列未満のマルチスライスCT)
(9)脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
(10)運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
(11)呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
(12)集団コミュニケーション療法料
(13)輸血管理料Ⅱ(輸血適正使用加算)
(14)胃瘻造設術(胃瘻造設時嚥下機能評価加算)


3,保険外負担に関する事項

当院では以下の項目について実費負担をお願いしています。
①病衣代 1日33円
②各種診断書及び証明書等料金など
【別掲示(PDF)】


4,院内トリアージ実施料の算定について

【別掲示(PDF)】


5,「個別の診療報酬の算定項目のわかる明細書」の発行について

【別掲示(PDF)】

施設基準の届け出 ・2階病棟 【別掲示(PDF)】 ・3階病棟 【別掲示(PDF)】

沿革

昭和22年2月 北見赤十字病院置戸分院として診療開始(許可病床数21床 開設許可年月日:昭和22年1月21日)
昭和29年4月 北見赤十字病院から独立置戸赤十字病院となる(許可病床47床)
診療科目:内科・外科
昭和32年9月 病院本館をブロック造2階建に新築(許可病床53床)
昭和40年10月 病棟増築・木造モルタル造(許可病床65床)
昭和50年1月 病棟改築工事(一期・二期・三期)施行(許可病床95床)
鉄筋コンクリート造3階建 面積2,398.4㎡
昭和56年12月 病棟敷地:置戸町より借用地を取得 面積2,466㎡
昭和58年5月 非常用発電機室兼患者用乾燥室新築
昭和60年9月 サービス棟を増築 面積512.7㎡
平成7年10月 置戸町農業共同組合の隣接地を買収 面積1,846.41㎡
平成8年9月 増改築工事施工
鉄筋コンクリート造3階建 陸屋根付 面積4,005.12㎡
平成10年7月 療養型病床群の設置許可(95床)
平成13年10月 皮膚科・麻酔科標榜
平成15年10月 特殊疾患入院施設管理加算届出(47床)
臨床研修病院(協力型)指定
平成17年3月 臨床研修協力施設認定
平成18年1月 麻酔科休診
平成18年7月 療養病床47床を一般病床に変更(一般47床・療養48床)
平成20年7月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価更新・認定(病床複合Ver 5.0)
平成24年4月 皮膚科休診
平成25年6月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価更新・認定(病床複合Ver 6.0)
平成26年10月 救急病院等を定める省令に基づく救急病院認定(救急告示医療機関)
平成30年3月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価更新・認定(慢性期病院3rdG:1.1)

個人情報の保護

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っております。
個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、窓口までお気軽にお申し出ください。

◎当院における個人情報の利用目的

●医療提供

●診療費請求のための事務

●当院の管理運営業務

●企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知

●医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等

●医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料

●医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究

●外部監査機関への情報提供

【付記】

①上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合は、その旨をお申し出ください。
②お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
③これからのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

敷地内禁煙のお知らせ

平成19年9月1日から、当院は健康増進法第25条の定めにより、受動喫煙(他人のタバコの煙をすわされること)防止のため、敷地内での喫煙を禁止しています。
ご理解とご協力をお願いいたします。

カード払いについて

当院では外来・入院診療費の各種カード決済が可能です。

カード決済にはこのようなメリットがございます

●ご利用可能なカード

・クレジットカード(VISA・Master・JCB・Nicos・UFJ)
・キャッシュカード(J-Debit)
※J-Debitと提携している銀行、郵便局など各金融機関のキャッシュカードがご利用できます。
※ご利用できないキャッシュカードもありますので、あらかじめお取引先の 金融機関にご確認願います。

●ご利用いただける時間

●取扱い上のご注意

●お問い合せ先

主な医療機器

◎全身用X線CT装置「OptimaCT660」(64列)

 このCT装置は、連続回転と寝台移動によって、これまで以上に検査時間が大幅に短縮されることにより、待ち地時間の短縮につながるほか、何度も息止めすることもなくなったため、高齢者の方にとって負担が非常に軽くなります。
 しかも、撮影断面だけでなく、三次元画像も作成可能となり、立体的な写真によって診断が格段に向上したほか、高精度なコンピュータ技術により、X線被爆線量も大幅に低減できます。

●全身用コンピュータ断層撮影装置 ボリュームCTスキャナシステム

 当院では医療機器整備の一環として、最新型全身用コンピュータ断層撮影装置「GE(ゼネラル・エレクトリック)製」Optima CT660 FDを設置しています。

 検査はベッドに寝ているだけで終了します。また当院の装置は一回の撮影で同時に複数の輪切り像が得られる最新型ボリュームCTスキャナです。得られた輪切り像から下のような精密は立体像を作ることも可能です。

【CT検査についてのお願い】

この検査は痛みなどはありません。検査を受けられる方はベッドの上で静かに横になってください。
なお、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

◎経鼻内視鏡

●高画質画像で早期発見

病変の色と形状から診断を行う電子内視鏡。早期発見には高画質映像が不可欠です。高画質内視鏡が病巣の早期発見に威力を発揮しています。

●極細径スコープでの胃・内視鏡検査のメリット

◎X線テレビ装置「ZEXIRA」

 この度「競輪」より1,338万円の半額補助を得まして、最新鋭のX線TV装置が入り本稼働を始めています。

 このX線TV装置は、バリューム等を使った胃の検査などを主な目的として使われるものですが、自動昇降機能が付いていることから、ストレッチャーからの移動や車椅子からの乗り降りが安全かつ容易となります。
 しかも、フルデジタルシステム対応となり、安定した画像の確保はもちろんのこと、画像処理に要する時間も短縮されます。

◎生化学自動分析装置

◎フラットパネル立位撮影装置

イベント案内

※イベントが決定致しましたらお知らせ致します※

患者数の動向

【別掲示(PDF)】